画像をクリックするとスライドショーがはじまります。

本名大辺勇、大分県岩屋村字大河内、親の家業は医者の次男として明治32年2月5日生まれ育つ、関東大震災の大正12年、芝居の脚本を書いて身をたてようと(第2新国劇)の倉橋仙太郎を訪ねて文芸委員に採用される、大正13年大阪楽天地旗揚げ公演で室町二郎の芸名で、沢田正二郎と同じ舞台にたった。 マキノ省三・直木三十五の合併映画芸術家協会、監督 衣笠貞之助(阿陀ケ原の殺陣)で目明かし政治約で銀幕にデビューする、大正15年日活に入社芸名大河内伝次郎として第スターの道を歩き始めた、伊藤大輔監督の(忠治旅日記)(新版大岡政談・丹下左膳)などで次々とヒットを飛ばし戦前戦中は時代劇の王者の一翼を担った、戦後は嵐寛寿郎や長谷川一夫らと共演しその後は東映に入社して脇役を貫禄でこなし素晴らしい役者でありました。

高木紀彦チャンバラアート作品集