画像をクリックするとスライドショーがはじまります。

明治36年3月30日、東京麻布生まれ、本名植木正義、11才の時先先代仁左衛門に入門し(片岡少年劇)の花形役者になった、 大正12年明治座で名題に昇進したが門閥の背景がないために芽がでず、昭和2年マキノ省三プロに嵐 寛寿郎より一日早く入社し映画で人気を博したが、昭和3年早くも独立プロを設立(万花地獄)以降監督、脚本に恵まれ以後時代劇スターとして揺るぎない人気と貫禄で戦前、戦中、戦後を大スターとして活躍した。とくに千恵蔵は判官役者と言われたほどで浅野内匠頭、遠山金四郎などすばらしい演技と迫力でした他に大菩薩峠の机龍之介・宮本武蔵シリーズなどで見られるすさまじい迫力はまさに「形ち・映像」そのものでした、その姿を描いてみました。

高木紀彦チャンバラアート作品展