画像をクリックするとスライドショーがはじまります。

御存知、鞍馬天狗のおじさん、嵐寛寿郎こと嵐寛である、明治35年12月8日、京都市木屋町で誕生、本名高橋照一、上方歌舞伎の名門、嵐家を次ぐ、祖父は初世の桐竹紋十郎(文楽の至宝)と言われた名人である。幼年時代に目玉の松ちゃん尾上松之助に養子に望まれたが、役者を嫌ってデッチ奉公、後中村扇雀先先代中村雁次郎一座関西青年歌舞伎に加わって、林長丸(長谷川一夫)、市川右一(市川右太衛門)と共に人気を博したが、やがて昭和2年マキノ映画に片岡千恵蔵に一日遅れて入社した。第一作映画(鞍馬天狗余話・角兵衛獅子)で爆発的人気を博した、やがて昭和3年寛プロ設立し独立した、その後、東亜キネマ・新興キネマ・日活、と戦前・戦後の時代で人気を博したのはやはり嵐寛天狗でありました、その鞍馬天狗役を大勢の俳優達が演じましたが嵐寛以外に天狗なしというほどぴったりの天狗役者だった、平成の世に成っても、その人気はNO.1である。

高木紀彦チャンバラアート作品集